読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

arscire

世の中に好きなものが多すぎる!21世紀だよ、楽しく暮らそう

下田美咲さん結婚おめでたい

なぜかしっきーさんのtwitterから下田美咲さんの結婚を知る。

twitterやってないので、見る専門なのですが、

時々下田さんのはチェックしてました。

新著も気になる〜。読みたい。そしてモテたいし結婚したい笑

 

美咲のためならバリ島へ [Blu-ray]

 

離婚しそうってご本人も可能性は否定してなかったけど、

それは先のことなんてわからないよね。

どうなっても文章にしてたくましく生きていきそうです。

ふーむ可愛くてお金も稼げて結婚もして、最強か。いいなぁ!

 

生きているだけで死にたくなるような世の中で生きていてもいいような気がしてくる119の名案

 

↑この本も読みました。徹底的に彼の好みに!とか新しかった。

 

恋愛本みたいなのとか、女子キラキラ可愛く♡みたいな本たくさん読んだなぁ。

全体的に、「女が悪い」みたいな空気を感じる。

だから、ダメなのよ、だから、ダメなんだ。そこを直さない限り・・みたいな。

書いている人が女性であれ、男性であれ、ゲイの方であれ。

そっか、、そういう悩みを元々持っている本だから、仕方ない部分もあるのかもしれない?

それこそが、その類の本に求められていること、というか。

そういう空気を感じ取った時に、多分、友人なら読まないんだと思う。

自分の経験値みたいなのとか、信条とかと違うから、「この著者はこういう考え」「私は違う」って切り離せるんだろうと思う。

私はそこまでいかないし、その時は何となく影響される、、

けど、完全に染まれるわけでもない。

吸収しているかといったら・・・?

 

こんなに頑張ってるのに、まだ女が悪いの?と思うこともあるし、

とはいえ上手く行きたいから言われた通りにしよって思うこともあるし。

負けず嫌いで甘え下手。未だに。そこ、上手になりたい。

ドラマとかでもよくあるパターンだよね。

そんな時、「恋するつぶやき」ブログを読むとすごく安心する。

どっちでもいいよって、責めない文章がとても好き。

また、記事書いて欲しいなぁ。

(恋するささやきもすごくいい。)

 

下田さんのご結婚は、

本当に好きな人と出会って、愛し合って、この人と結婚したいって強く思って、

相手も思って。トントン拍子に進んだっていう風に読みました。素敵。